Page: 3/4  << >>
ああ・・・文章力が欲しい
日曜日は書店員です。
といっても、
本のスペシャリストというわけでは全くなくて、お気楽〜に居心地を楽しんでいる程度。
私だけ特別枠採用で(笑)、ふつう〜のおばちゃんとしてニコニコ本を売っているわけです。
唯一のセールスポイントは、スマイル(*^_^*)なので(笑)

しかし、他のスタッフは皆、優秀なのです。
編集者であったり、物書きであったり、アーティストであったり、辞書を作っていたり・・・と。
各々が持てる才能を発揮し合って、成り立っている書店なのです。

そういうわけで、
むつかしいことは、「私はや〜らない」で過ごしてきました、今までは。
ところが、
このたび、6月から、宿題が全員に与えられることになり、私もやらねばならない!事態に。

1カ月間に、テーマに添った本を3冊選び、その紹介文を書け!との容赦ない業務命令。。。トホホ。
よりにもよって文章・・・

日頃、文章力のなさが、自信失うポイントでしたのに、
あらためて、つきつけられ、撃沈。意気消沈。

第1回目の〆切りが先日の6/4。
私的にバタバタしていた(言い訳m(__)m)ので、割く時間もなく、一夜漬け。
ヘトヘトになって書いたのに、お粗末なてきばえ。打ちひしがれておりました。
言いたいことがまとまらないし、言葉が湧いてこないし。

目もあてられない・・・センスのない文章。日本語力のとぼしさ。。。しゅん。
他スタッフは、それぞれ個性のある良い文章を書いている中で、私だけ。

もともとが語彙力が乏しい上に、調子こいて顔文字とかバンバン使っちゃっている昨今、
脳みそも日に日にスカスカしちゃっていることを、痛切に感じました。

しかも、お粗末を公開されちゃっているから・・・痛々しい(笑)
本屋で働く資格ないよな〜て。
しぼみました。

そんなさなか、
目にうつった、新聞のコラムの一行、光が〜きらりーん☆と、私を救ってくれました。

「下手の横好き」という題名で書かれたコラムの中で、ある方の言われた言葉を抜粋します、

「人間には、悲しいかな、自分より下手な人がいると安堵したり励まされたりする習性があり、私はそれに貢献する」

そっかー! そーよねー!
引き立て役も、大事な存在よね!
と、ヒケメが、吹き飛びました(笑)

考えようによっちゃ、
宿題という機会を与えられてるのも、ありがたいことだ。と。

次の〆切りも間近ですが、ちょっとやる気が出てきました!
一歩ずつでも進歩あるように、精進します〜。



 ***
カールは今日も穏やかに過ごしています。

| chizuru | 16:19 | - | - | - | - |
マムちゃんのラジオ中継&ミロコマチコさんの情熱大陸
本日の朝、
アルバイト先の往来堂書店に、ラジオの生中継が入りました!
(書店サイトは http://www.ohraido.com/

TBSラジオ、『大沢悠里のゆうゆうワイド』の内の、マムちゃん(毒蝮三太夫さん)のミュージックプレゼント、朝10時26分〜51分の生放送中継でした。
http://tbsradio.cocolog-nifty.com/yuyu/cat7674168/ 

事前の告知で集まった見物人がぞくぞくと・・・界隈は根津のツツジ祭りの最盛期でもあり・・・店内はぎゅうぎゅう、外にも人が溢れて・・・
こんなすごい事になるとは予想だにしていなかった私は ”じぇじぇじぇ!”

この写真の状態から、さらに増える増える人人人で、ひぃーーん、動けない。

マムちゃんは、さすが!の話術。なんて面白い人だこと〜。

私は裏方予定だったので、の〜んきに見物人のつもりでいましたのに、
想定外にもマイクを向けられ!ぎょっ!
名前と住まいを、上ずった声で(笑) 答えました(恥)

続いて年齢を訊かれたら・・何歳サバ読もうって、そればっかり焦って必死に考えていたんだけど(笑)、聞かれませんでした。

マムちゃんに「かわいいね♪」って言ってもらった記憶があるのだけど(笑)幻聴かも?(笑)
と、たった一瞬のことでしたが、ドキドキの体験でした。

サインいただいちゃいました♪

はい!「毎日をうーんと大切に」しますよ!
ご利益あり、長生きできそうです♪感謝♪

ラジオを聞く習慣は全然なかったのだけど、これからは聞いちゃうぞー。
楽〜しいお仕事日でした〜。

*****

そして。話題は変わって。
「ミロコマチコ」さんです。

往来堂書店オリジナル商品に、イラストを提供してくださっているのが
絵本作家のミロコマチコさんです。

↓オリジナルトートバッグ


↓27日に発売したばかりの、往来堂発行の手作り新聞を合本製本。

など。

ミロコさんのHPより、イラストをご紹介
http://www.mirocomachiko.com/illustration/
インパクト!!!でしょ。

すでに多くのファンを魅了されている方なのですが、
来る5月5日のテレビ番組、あの!「情熱大陸」で、ミロコさんの活躍が紹介される予定です!
http://www.mbs.jp/jounetsu/


素敵な女性です♪
是非ごらんくださ〜いの、お知らせまで(*^_^*)でした。
| chizuru | 21:59 | - | - | - | - |
愛車の季節
自転車に乗るのは、年に数日。

ご覧通り、荷物カゴもついていないし、スタンドさえもないので、
まったく実用的ではないのです(^_^;)

寒くなく暑くもなく、雨が降りそうもなく風が快適に感じられそうな日和に、
風そよそよ〜の気持ちよさを味わうためだけに、存在してくれる愛車くんです。

そんな日和って・・・案外、一年のうち限られて少ないのですよ。


今朝!穏やかな春の日。
まさに自転車日和〜!と思い立ち、愛車くんで書店に出勤しました。(帰りは予想に反して強風でヘロヘロでしたが・・・)
久しぶりに乗ってあげたぞ〜!!

日曜日の朝は車も少なく、しかも今日は信号も全て青!で通過。
もうそれだけで、今日はツイテルぞ〜て叫びたくなるような、
高揚感に身体中がシュワシュワして、気持ちがいいぞー。
な〜んて安上がりな幸せ満たされ感でしょう♪

8段ギアが搭載されているのに、未だにギアチェンジをしたことのない不器用な使いっぷりです。
そんな程度の初心者域出ていないのですが、
それでも、
乗るごとに身体に馴染んでいくのを感じ、年重ねるごとに愛車くんとの絆も強まり、
走行も軽やか度が進歩しているつもり。愛着は年々増しています♪

買った当時(かれこれ10年近く前かな〜)は、
私、もっと若々しくてスポーティな体型でしたから(笑)、この赤い自転車が実に似合って(笑)いたのですよ。
しかし、今日、走行中にガラスに写った自分の姿を見て・・・ギャー、おばちゃんになってる〜(>_<)て。
今や足腰がボテーっと膨らんでしまい、自転車くんも「重いぞー」て、ぼやいているだろうな〜。
おばちゃんには似合わないよ、と、そっぽ向かれないように、赤の似合う若さを取り戻さないと、ね!

「若さ戻せ〜」と自分に「喝!!」入れました(笑)。
いい季節も梅雨入りまででしょうから、この短い時間を大切に、自転車くんをできる限り楽しみま〜す♪


さてさて。追伸
書店ネタですが。

村上春樹さんの新刊「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」発売が、ニュースになっていますね〜。
当書店でも発売開始前から予約を受けたり・・・問い合わせを受けたりと、
関心は高かったのですが、
お客様と「色彩〜」のやりとりをする中で、私はその新刊タイトルがどーーーーーーしてもすらすら言えず、覚えられず〜でした。
多崎つくる・・・の「多崎」って?・・・を、辞書でひいちゃったり(笑)(内容未公開のまま発売告知)
まさか人名だったとは!・・・村上春樹ってすごいなーて
そんなところでも思ったりしました(笑)

読んでみるかね。
| chizuru | 21:09 | - | - | - | - |
今夜放送予定が延期のお知らせ(詫)
変更をお知らせし、お詫びを申し上げますm(__)m
 
今夜放送の日テレNEWS ZEROを見てくださ〜いと書いてしまった昼間のブログですが、、
すみません、先ほど、放送延期の連絡があったそうです。。。

放送予定未定とのこと。
あぁ、待ち遠しい〜
| chizuru | 21:54 | - | - | - | - |
今夜放送のNEWS ZERO(日テレ) 見てくださ〜い!
 
今夜、テレビ見て〜のお知らせです。

本日、22時54分〜の日テレ、NEWS ZERO に、
アルバイト先の書店が、紹介されま〜す!

http://www.ntv.co.jp/zero/index.html

まっ、残念ながら(笑)私が映るのではないのですが(笑)

当店長が、取材受けています♪


先日の日曜日の勤務中、
キャスターの桐谷美玲さんが、撮影に来店♪

店長は、桐谷さんの美貌に、コッチコチに緊張しちゃってて、、(笑)

編集されてどの程度の長さになるのやら〜ですが、お時間ありましたら、見てください!!

の、宣伝まで(*^_^*)


***追伸***

桐谷さんはさておき、わたくしごとですが(笑)。
その日、同行の日テレのスタッフさんが、めっちゃイケメンで!!

爽やかで、礼儀正しく、笑顔がステキで育ちが良さそうで、
わたくし、ぽぉ〜〜〜っとなってしまいました(笑)

カールくんのお散歩着のままで書店に出勤してしまった(あまりにもラフでしょ!)
ことを、激しく後悔(^_^;)

いかなる時にも気を抜いてはいけない!!
これからは気合いを入れて出勤しなくちゃ!!と、心に誓いました。
| chizuru | 11:37 | - | - | - | - |
日曜日のわっぱ弁当、そして、仕事着が「ノンタン」から「ドラえもん」へ

いつか叶えたい夢の一つが「書店でアルバイトしたい!」でした。

 
とはいっても読書家ではなく、ただただ、本に囲まれた空間が大好きという理由で。

そして、
想いを実現させよう!と勇気を出してアルバイトに応募したのが・・・2005年か2006年の秋・・・
運よく「日曜日だけ働きたい」のワガママを採用してもらえ、そこからかれこれ何年経っているのでしょうか。

「日曜日は書店員」の生活スタイルは定着し、別の私を楽しんで満足しています。

ちょっと前に一度「もう十分満足したから潮時かな〜」と思った時がありました。
しかし
それを越えた今また急に、さらなる愛着が湧いてしまい、
今、もっともっと本に精通したいという欲がふつふつしています。

たっくさん本を読んで、深く本を語れる人になりたい! と、強く思うこの頃です。

さて。

書店勤務の日には、お弁当を作るのも、習慣化しました。

やる気も上がるように、ブラスチックのお弁当箱から木製漆塗りのわっぱ弁当箱へと。先月購入♪ 使い心地はとても良いです。


中の仕切りが自由に動かせ角度を変えてもぴったり落ち着くように、
とてもうまくできています。


お料理は下手です(T_T)が、素朴なお弁当を朝早く起きて作るのも楽しみ。そして持参するお昼も今の楽しみです。



それから、仕事着も初公開(笑)

ずーーーーーっとノンタンでした。(書店員の仕事着はエプロン!)
使い過ぎて穴があき


先週から、ドラえもんになりました。
これも記録しておこうかしら♪と思い写真に収めました(笑)


4○歳には全然見えないんだってば。
まるで女学生アルバイトみたいです(笑) 似合うんです♪♪

このブログでも本ネタを、今後はたくさん書けるように。
私、がんばるです!

・・・日曜日はそんなわけで、カールくんはお留守番です。
帰ってくると、甘えモード全開となります。

今こうしてパソコンしている時間も、無理無理、膝によじ登り何とかおさまろうと丸くなっています。

「いい子でお留守番していたのだから、お膝に乗るのは当然です!!」と背中が主張しています。


体重14キロになり、、重いんだよ。
| chizuru | 20:32 | - | - | - | - |
読書にまつわる備忘録〜新聞記事より〜

最近の新聞から拾った心に残る言葉を。
備忘録としてここに、自分のために残します。

***
  作家 宮本輝さんの連載(日経新聞記者聞き手)より〜

"良い小説というのは海の表面の波ではなく、奥深い海底の潮流のすさまじさを描いています。
名もない一人の人間にも様々な出来事があり、その根底にはいろいろなものが渦巻いている。
その渦に目を向け、読書の魂がうずくような小説を書き続けたいと思っています"

↑私〜、
これを読んで、宮本輝さんの作品を読みたくなりました!


◆疎⊇6万冊の巨人、松岡正剛氏の言葉(日経新聞記者聞き手)より〜


読書の醍醐味は、無知から未知への扉が開かれるわくわくした気持ちだという。

"読書のコツを聞かれますが、食読(食事をとるような感覚で読書する)や服読(毎日着替えるように本を読む)をお勧めします。
自分で区別や差別を設けないことが大事です。

リラックスして読書するよりも、忙しい時、悲しい時、疲れている時、すべてにチャンスがあるんです。
多読と少読は実はつながっています。読書は粗読、精読、狭読、広読、間読、断読、考読などいろいろな方法によって成立します。
深く理解するようなら再読すべきです
"


言語化しづらい"想いを"コツ"としてロジカルにまとめてくださって、素晴らしい!

ああ〜なるほどと、ものすごく納得できましたので、備忘録したくなりました。


理想は・・・多様なジャンルを。偏りなく。どっぷり。読みたい!
しかし、
現実は・・・もどかしい。
のは、
時間がたっぷりあったところで、気分的に読書に心いかずになってしまう時も多々。
そんな自分がイヤ〜だね。

逆の方は、たくさんいるのに。
(現実逃避に読書を選ぶ人)

つくづく、人はそれぞれだな〜て思います。


ページをめくっても・・・結局、何も目に入ってこなくての時もあるからね。
活字があればいいってものでもない、絶妙な着火具合が、魔力あるな〜て思います。

しかし!
怠惰な自分も許容し、
そんな時があるのも仕方ない〜と自分に甘〜くしていたら、
そのうちかなり読書が楽しくに、上向き回復していますこの頃です(*^_^*)

もちろん、カールくんの安らぎ効果でまったり本を読みたくなることは絶大であることはもとより。

読むぞ読むぞ!
「読書の秋」を謳歌しますよ〜♪

今は、江国香織さんに酔っています。

| chizuru | 23:07 | - | - | - | - |
桃の節句の酒と脱力本


桃の節句、ひなまつり。
なのになのに、えらい寒かったですね〜。

今日はひな祭り♪
飾られる桃の花は、"邪気を払う"と、いわれているそうです。

桃の節句には、酒に桃の花を浮かべた桃花酒を飲み健康を願うのが、よろしいのだと♪

となれば、早速!
・・・慣例に習って、桃花酒にて、ほわほわ〜ingです♪


さて。

春休み満喫中の私です♪

季節は、行きつ戻りつ・・・
ポカポカ陽気の東京マラソン〜と春の訪れにウキウキなれば、
翌日には雪!

冷雨!

そして、
今日に至っては、北風底冷え。と。
お天道様もなかなかイジワル。

じれったい想いを繰り返して、
春爛漫へと辿りつくのでしょうね!

で、

ぶり返しの寒さや悪天候も、
読書するには、好相性♪
窓から眺める寒い〜雲行きは、お部屋読書の集中を高めてくれます。
悪天候の時ほど、お部屋で本の世界に浸れるのが、味わい深い。

私、・・・時間たっぷり♪
外の寒さを眺めながらの読書は、実に捗ります。そんな時間が至福〜♪

それで、
今の私にジャストな本を見つけました!
たまたま、タイトルに魅かれて図書館で手にとってみたのですが、
読んでみたら、
とてもいい本なので(*^_^*)

"脱力"したい方には、お勧め☆☆☆です。

"何もしない贅沢" 光文社

私のつべこべレビューより、目次の方がきちんと物語るだろうから、
目次です。

1.回り道のすすめ
2.上手な呼吸の仕方
3.瞑想への誘い
4.安楽のひととき
・・・
以下続く

いわゆる"癒し系"の本は、星の数ほどありますが、
この本は、
それらとは一線を画したレベル高い印象。
とても凝った造りだなぁという感想持ちました。

東洋哲学や心理学、文化人類学なども盛り込まれているので、大人向けかな〜と思います。

セピアカラーの写真集(カメラマンは、ヴォーグで活躍の気鋭)と合わさり、
とてもオシャレで素敵な、気持ちが安らぐアートな一冊に、仕上がっていると感じました。
訳は岸本葉子さんです。

お茶を飲みながらのまったり〜読書タイム♪



続編の
「年齢をかさねる贅沢」 光文社刊も、
これまたいい感じ♪
(全米では相当売れた本らしいです〜)

心の構えや緊張を解き、
そして
あるがままの日々を楽しむ贅沢、
私の目指すは、それに尽きます!
| chizuru | 22:03 | - | - | - | - |
「雪国」 〜2010夏 新潮文庫の100冊より〜 



あっ!セミが鳴いてる! 
まだ梅雨気分のさなかに。自信たっぷりの真夏の青空出現!

日中のアスファルトは、クラクラするほど暑かったです。

ふらっと立ち寄った書店で、文庫本表紙に(笑)一目ぼれ♪
"今私の魂が欲しているのは、これだ! " と(笑)

涼しそうな本でしょ!

なんて気持ちがいい装丁でしょ!
(私は装丁マニアです(笑))
そして、
タイトルの「雪国」。
見ているだけで、ひんやり〜。
平積みの表紙に目が留まった瞬間に、ジトジト汗が、さーっとひきました♪
国境の長いトンネルを抜けると・・・雪国にいる私が、目に浮かびました(笑)

暑さを忘れる旅に連れていってもらえそうな期待♪ に、
五感のどこかが、ビビっと反応しました。
活字の世界に"涼"を求めて。それって、ちょっとおしゃれな過ごし方だわ〜♪♪


セミの声をきく頃になると。。。
普段は読まないような純文学系や、長編小説の世界に、
ゆっくり時間をかけてどっぷりと浸りたくなります。
急にそんなモードに切り替わるから、不思議(笑)
"夏休み読書感想文"の宿題に奮闘した遠い記憶、その懐かしさが蘇るのかな〜。


ふふふ♪
読むぞ、読むぞ♪
読書で涼しくなりましょう〜☆
| chizuru | 00:23 | - | - | - | - |
サン・ジョルディの日 
冷たい雨、本当に寒い寒い一日でした。
なので、こんな日は、
心あたたか〜くなる日記を書こうっと(笑)思います。

4月23日、今日は世界本の日、
「サン・ジョルディの日」です♪♪

この日には、男性から女性へと花を贈り、
女性から男性へと本を贈るならわしがあります。
もともとはスペインで始まったものだそうですが、とてもロマンティック〜☆
私は今あの人に、どんな本を贈りたいかな〜なんて思いを巡らせていると、
ハートがぽかぽかしてきます♪

(余談:最近は、キンドルだ電子書籍だと連日ニュースになっていますが、、、
本は紙本だから味わい深いのだ、手でページをめくるから魅力があるのであって。味気ないデジタル新文化はどうなのよ・・・と、つぶやく私)



それから、
23日は「ふみの日」でもあります。
大好きな誰かに手紙をしたためるのも、いいな〜。

外はとても寒いけれど、こんな風に"想い"あたたまるのは、とても素敵です♪



何を贈ろうかな〜
*******

というわけで
最近読んで、心がほわ〜とした絵本を贈ります♪



みんなのベロニカ 絵本 童話館出版
ロジャーディボアザン 作/ 神宮輝夫 訳

広々とした農場に転居してきたカバのベロニカ
池もあり、
たくさんの動物がいて、
新しい仲間との生活にワクワク、
期待でいっぱいです。

ところが・・・

先住の動物たちはみんなでヒソヒソ、
ベロニカを警戒し、仲間はずれにします。
楽しいと思い描いた毎日がとてもつまらなく、
悲しくてとうとう病気に、ふさぎこんでしまうベロニカ。
食欲もなく、部屋にとじこもってしまいます。

一方、
動物たちは、
ベロニカの姿を見ないことが気になり始めます。
そうっと様子を見にいったり、
見舞いにいったり、
こっそり食べ物をさしいれに行ったり。

「今日はベロニカとちょっと話したよ」、
「ベロニカがありがとうと言ってくれたよ!」
口ぐちにベロニカの話題をし、
ベロニカとの交流が始まります。
そして、
ベロニカのことが、だんだんと大好きになっていくのです。

おかげで、ベロニカは元気になりました。
外に出てきたのは日曜日の朝。
みんなが待ちにまっていました!
ベロニカのまわりを おどりまわって、おおきな声でいいました。
「おはようベロニカ! 元気になってよかったね」
ベロニカはうれしくてうれしくてにっこり♪

「いいわらいがおだね」
「こころがあたたかいんだね」
「あの目、とてもかわいいとおもうわ」
みんなもうれしくてしかたありません♪

「あたらしいともだち!!」
み〜んなが仲良し、楽しさあふれる日曜日となりました☆

*******
会話のやりとり、動物たちのやわらかな表情とやさしさに、
ほろっときました。
絵本っていいな〜♪
| chizuru | 18:21 | - | - | - | - |

Profile


うららかな休日


**花の絵作品集**

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM