Entry: main  << >>
前日
いっぱいいっぱい散歩して、
お布団でゴロゴロして、
まったり〜と。最後の1日を過しました。

これから、提出用飼育記録をまとめます。
チビチビ熱燗でもしながら、最後の夜に浸ろうかな〜。

何ごとも3日坊主の私です。
しかし、飼育日記に関しては、1日も欠かさずにつけました!
その日記も、73週目にして「おわり」を記しました。

 壊されたメガネ・・・8個(他、破壊被害総額推定不能)
 心配うろたえ事件・・絵の具を食べちゃったこと、
             散歩中に逃走事件
 食欲なかった日・・・たった1日だけ
 
 快食・快眠・快便。
 人なつこくて。好奇心旺盛。
 淋しがりで甘えんぼ、放っておかれるとスネル。
 遊んでくれない〜〜と訴える傾向あり。
 ・・・このあたりは、飼い主に似ました。
 
 雷の音とオートバイの爆音が苦手、と。
 報告はそんなところでしょうか〜。


成長を温かく見守ってくださった皆様には、本当にありがとうございました。


そして、励ましや応援を、本当に本当にありがとうございました。


ありがとう♪



多くを学んだ、1年5ヶ月でした。
| chizuru | 22:16 | comments(8) | - | - | - |
Comment
変わっていくことと決して変わらないこと。
ピースに教えていただきました♪
クリスマス月間、教会はキリストの最期の時を体感する行事に溢れています。
人はゴルゴダに十字架を背負って向かわれるイエス。
ちょっと前まで王だ、救い主だ、ともてはやしていた方々のうらぎり、鞭打ち、茨のかんむり、などなどに悲惨さを思うもので、私もそうだったのだけど。
十字架刑は窒息死で亡くなるそうなのです。
釘で自分の身体を支えていますが、首が垂れ、持ち上がる力がなくなるのを待つ。何度も持ち上げようとするけど、アキレス腱も力尽き、やっと死ねるという凄い刑。
ここまでのイエスの苦しみや寂しさや辛さをどのように想像し、それを私たちの為にしてくださったことを、どのように体感するかが12月。
それをなさる為に、お生まれになったクリスマスです。
と書いているだけで、浮き足立った心が癒されて参ります。
「決して一人ではないのだよ」
それを私たちに分からせてくださったご一生がはじまる聖なる月。
私はつくづく良い時に、一時のお別れ設定されたと思いたいと思っています。
それで〜。どうも「神は体験である」という言葉を思い出しているのです。
ピースの胸によく似合うロザリオを拝見し。
いやいや本当によく似合っています!!
沢山のことを経験するであろうピースを誇りに思うあなたを誇りに思った朝でした。
Posted by: iruka |at: 2007/12/01 7:43 AM
iruka 様
いろいろ、いろいろ、本当にありがとうございました。

(ピースに限らずだと思いますが)、
一緒に暮らしてみて、
犬ってやっばりすごいなぁとあらためて感じました。
わかっているんですよね。見えない全てを。
みんなが応援してくれていることも、
何のために生まれてきたのかも、
どうしたら、私が元気がでるかも。。ちゃ〜んとわかっているのだろうなぁと思いました。

ちゃ〜んと見ているよ。決して独りではないのだよと、
訴えています。
ロザリオの意味もわかっております、の顔しています。

まさに、犬は人間の真の友であります。
Posted by: iruka 様@ちづる |at: 2007/12/01 6:35 PM
愛について、考えていたんだけどね、一度生まれた愛は、時間軸の中でその痕跡は消えることが無いのね。
愛の時間は永遠にその時間軸の中に存在し続けるんだわ。
だから、いつでも自分が時間を越えて会いに戻ることを知れば、戻らなくてもともに存在することを受け入れることすら出来るのでしょうね。
出逢って過ごした幸せと、それに伴う痛み。
出会わなくて知ることの無かった幸せと、味わわなくて済んだ痛み。
どっちがいいかといえば、豊かさでいうならば、後者だと思う。
生きると言うことの意味が、神なるものの一部である人間という存在として、ただ体験することであるのならば、体験の幅は振幅が大きい方が豊かでしょう。

なぁ〜んて、小難しいことを書いちゃってるけど、愛した記憶は命尽きる時まで持っていける財産だと言うことだけは確かだよ。
Posted by: おさる仙人 |at: 2007/12/02 12:04 AM
おさる仙人 様
ありがとう。
本当に、その通りだよね。

こんなにも愛おしいと思える出会いに恵まれて、
一緒に過す時間を愛おしいと思えて、
こんなにも大事な事を教えてもらえたこの経験は、そしてこの想いは、消える事がないのだよね。
大きな大きな財産です。
Posted by: おさる仙人様@ちづる |at: 2007/12/02 7:06 PM
「Pちゃん、1人で寂しくないかしら〜」って、ちづるさんが涙うるうるなんじゃないかって、心配してます! 私も最初の子の時はそう思ったんですが、これが訓練所に帰ると、兄弟たちと一緒に結構絶好調!! 楽しくやってるんです。。
来週Pちゃんのお姉ちゃん、Oシリーズの子の卒業銀座ウォークを見に行きます。和光前から歩いて、Uターンして三越前まで。気が散らないように、見つからないように、まるで「巨人の星」の飛雄馬を見守る明子姉ちゃんのように。
ちづるさんもPちゃんの晴れの日を祈ってあげてください。
Posted by: Pママ |at: 2007/12/03 9:12 PM
☆Pママ☆様
今はまだ、
「涙うるうるスイッチ」が入っちゃうと、、大変です(笑)
何しろ家にいても、外を歩いていても、
そこらじゅうでピースとの思い出が、重なります。
突然うるうるです。(笑)、、それはとても怪しい光景。

しかし、”うるうる”は、思い出を懐かしむ”うるうる”。
悲しいのとも違います。

ピースが辛いのなら私も辛いですが、
そうではなくて訓練所で、「兄弟達と絶好調!」ならば、
とても嬉しいです。
”よかったね〜 ピ〜ちゃん、お勉強楽しいねー”と安心・安心・安心です。

ピースはこの先、ずっと「必要とされる」存在になれるのですから!!
そうなれる光栄を、祈っています。

そして、10年後になるか何年後になるか・・わかりませんが。
お仕事終えたら、戻ってきてね。と願っています。
10年分の熱い熱いハグをするつもりです。

それを楽しみに、活躍を祈ります!!

Oシリーズおねえちゃんも、がんばれ!!
Posted by: ☆Pママ☆様@ちづる |at: 2007/12/03 11:27 PM
Pママさんのコメント読んで、安心しました。
ちづるさんもPちゃんも、離れ離れでうるうる・・・になるのだとばかり思っていましたけど、
Pちゃんは兄弟達と再会できるんですね。
Pちゃんには楽しい毎日が待っていて、
それを想像すると、ちづるさんも元気になりそうですね。
Posted by: ゆみ |at: 2007/12/04 3:46 AM
ゆみ 様
はい。
Pちゃん、きっと、
あれれ?同じ顔がいっぱい、びっくり!
こりゃ楽しいぞ〜とワイワイ絶好調になっている姿が想像できます。
想像していると、私も笑顔になります。
Posted by: ゆみ 様@ちづる |at: 2007/12/04 7:26 PM








Profile


うららかな休日


**花の絵作品集**

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM