Entry: main  << >>
サーチュイン&ファスティング!

長寿遺伝子"サーチュイン"。

 

健康ネタ好きなので、これまでもしかしたら目にしていたかもしれない単語ですが、まったく気づかず生きてきました。

それが突然最近、この"サーチュイン"なる単語に偶然立て続けに出逢い、興味を持ちました。

そして関係するわかりやすい書籍などを読んでいるところです。

 

サーチュインからさらに、ファスティング(超少食)がとても良いという効果の体験談も惹かれ・・・うぉぉ!なんと素晴らしいメソッド!!と感心して感激しています。

がしかし、

私は"食"大好きなので、、、断食実践は、無理トホホな点。

実生活の中で超少食や断食はハードル高すぎなのが不甲斐なさすぎなのですが・・・いつかはやってやろうじゃん!と

効果を念頭に置きつつ今は座学だけでも、今後人生健康管理にと。

良い教訓となりそうです♪

 

書物より引用します

***

数多くの動物実験が、カロリーを約半分に減らすと寿命が2倍近くにのびることを証明しています。

たとえば、

マウスのエサのカロリーをそれまでの6割に制限すると、腹いっぱい10割の量を食べたマウスにくらべて、寿命は約2倍にのびた!そうです。つまり若返った。。。他の動物でも単細胞の原生動物においても然りと。

 

人間においても、まったく同じことが実証されているのだそうです。

食べることを控えると、食物消化に使われていたエネルギーが他に有効に使われるのだそう。ふむふむ納得です。

 

***

超少食の医学的な効果(船瀬俊介著書より抜粋)

ー命がのびる

脳細胞損傷を抑える

精神疾患が治る

ぅ好肇譽垢剖くなる

テ脳明晰になる

μ拍・血圧が下がる

Э慶賃綣佞促進

免疫力が向上する

体温が上がる

睡眠時間が短くなる

視力が回復する

体重が減る

小じわ・シミが消える

五感が回復

消化力が回復

或看抖’愁▲奪

運澗”造治る

嘉尿病が完治

蛙嫗”造治る

乾ンを防ぎ治す

㉑精力が若返る

***

↑これらの実例を、たーくさん読み、唸って見習いたいと自分に言い聞かせているところです。

 

「腹八分で医者いらず」

「腹六分で老いを忘れる」

「腹四分で仏に近づく」

らしいです〜☆彡

 

確かに、私の周りでも、お手本にしたい素敵な生き方されてる方は、みなさん少食系です。

少食実践前に少しでも近づけるよう、まずは座学を深めていきたいと思っています( ;∀;) この頃。

 

やる気になります(笑)書籍↓ですよー、ご紹介まで

 

***

寒くてお布団でママ待ってますの犬さんたち

ここのところお腹が緩めで心配続いたぴーちゃんにも少食実践。まだやや少な目食続けています。

お腹はすくみたいですが、健やか気力は回復度日に日にが顕著、薬与えるよりよほど良い効果なのかなぁと思ったりしています。

| chizuru | 21:40 | - | - | - | - |

Profile

トルコキキョウ、風に揺られて


**花の絵作品集**

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM