Entry: main  << >>
日本獣医生命科学大学の総合文化講座 4回目 2016.11.25

「人の「ココロ」と「カラダ」をサポートするイヌたち」を総合テーマに掲げた、総合文化講座の第4回目。

 

演題は「視覚障害者をサポートする盲導犬について」

講師は、公益財団法人日本盲導犬協会 理事の吉川 明氏でした。

 

盲導犬を育成する協会は、全国で11団体・14訓練センターがあります。

その中で「日本盲導犬協会」は、最も大きな団体です。

テレビでACのコマーシャル放送しているのも日本盲導犬協会、よく見かける募金箱も日本盲導犬協会の物が多いです。

最もメジャーな協会といえます。

 

盲導犬を育成するという大目的は各団体共通であっても、訓練の仕方や理念(+他にも)は団体ごとに少しずつ違いがあります。

そんな事も含めて大変興味深く、かぶりつきで聴講した1時間半でした。

ほぉぉ、へぇぇ、ふむふむ。。。メモぎっしり。。を、まとめきれないので。

 

パワーポイント資料の見出しのみを以下に列挙 (「←以降は、私の一言コメントです)

 

・盲導犬の歴史←日本製盲導犬第1号は、塩屋賢一氏のチャンピィであると紹介がありました。(協会名は出ず)

・補助犬の実働頭数の推移←実働頭数が減っているのは、ユーザーさんの高齢化が影響大(代替数が減っているから)

・日本の盲導犬育成施設

・盲導犬の育成頭数の推移←協会別の新規・代替頭数と引退頭数を表示て

・盲導犬の一生←日本盲導犬協会は必ず10歳で引退。協会によって方針が違うなー。

・盲導犬の訓練←段差手前5センチで確実にとまれるよう教育

・調教→訓練→教育←叱ってしつける"調教"から一切"ノー"のない教育へ チョークもなし。ノー!もないのだと(正直驚いた)

・盲導犬との歩行訓練←盲導犬訓練士(犬の訓練)と、盲導犬歩行訓練指導員(ユーザーさんとの共同訓練)

・日本盲導犬協会の使命と活動方針

・盲導犬育成のポリシー←犬を含め誰の犠牲の上にもたたない盲導犬育成技術(チョークなし)。安定的正確なスキル。犬の健康。

・盲導犬育成7工程

・盲導犬育成工程と品質向上

・盲導犬と介助犬・聴導犬の比較

・The Twenty Losses of Blindness 「中途失明による20の喪失」

・視覚障害の苦しみ

・盲導犬と「歩くこと」「移動」の意味

・盲導犬が視覚障害者の心を支える機能←ユーザーさんの心境として1頭目の愛着が強く2頭目に踏み出せないケースが多いのだと。

 

以上に関してのお話しでした。

****

後半はユーザーさんの心境に触れたデリケートな内容で、とても勉強になり理解深まったこと多かったです。(なので一言コメントでは書ききれず、コメント割愛)

 

基本的な犬の指導に関してのお話しの中では、

例えば・・・犬が横についた時に、わずかにでも角度が左右に向いていたら、ユーザーさんの歩行には大きな影響が出ることなどをわかりやすく解説していただき。聴講生からの質問もたくさん出ていました。

ユーザーの横に平行に前を向いて付く、段差の前5センチで確実に止まれることなどを、何時でもどんな時でも安定的に100%正確にしなければならない重要性とその指導力の必要性を強調されていましたことに、あらためて、ふむふむでした。

 

全4回、とても勉強になりました!

 

来年度も前期・後期と、講座が開催されるそうです。引き続きチェックしていきたいと思います。

| chizuru | 13:02 | - | - | - | - |

Profile


色とりどり


**花の絵作品集**

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM