Page: 1/2   >>
沖縄旅行に
6月15日(金)〜17日(日)
水泳大会にエントリーの目的で、沖縄に行ってきました!

梅雨まっただ中の天気予報は、哀しいほどにびっしり雨マーク、
まぁ仕方ないな〜とアキラメがっかりしていたのですが。

当日になってみれば、好転!
台風接近直前の束の間の快晴に恵まれました♪

6月15日(金) 晴れる!
夕方、沖縄入り。
この日は那覇市内で飲んだくれ・・・初日を終える。

6月16日(土) またまた晴れる!! 一日フリー。
那覇からフェリーで1時間程度の近場離島(渡嘉敷島へと)へ出向く。



船酔いしやすい体質の私。でも、快適な船旅でした!



噂には聞いていたけれど、
離島は(ちょっと離れただけなのに)、まるで夢のような別世界でした!
 

海の美しさに歓声を上げる!


浅い場所でも熱帯魚がうようよ!
日焼けを気にしつつも、楽しさに夢中になりました。









野性の猫、食堂!にて。ヒトも猫も同じ土俵です(笑) 全てがおおらか。


***
6月17日(日) 晴れる!! 大会

那覇のビーチで大会を開催、
台風接近中につき風やや強め。
引き潮の時間帯で、海は浅い。
しかし、風があるから・・・うねり! に、泳ぐ前からビビる私。
ちょっと怖くなってきて緊張から泳いでも過呼吸気味、、なんでこの程度が怖いんだと、自分に叱咤しつつ、、意気地なしに情けなくなる。





この大会を目標に、自分なりに空いてる時間を利用しプールで練習を積んできたつもりだったのに、
ああそれなのに
スタートから前半はアップアップでうまく成果が発揮できず・・・またまた小心・・・ビビり・・・不甲斐ない・・・情けない・・・凹む一方。

が、
だんだんとそんなことどうでもよくなってきて♪
気持ちも落ち着き、泳ぎも余裕を持てるようにペース回復。

今、ここにいれることだけが嬉しい!

ちっぽけなことなんてどーーーーでもよくなってきたぞ〜〜

で、
結果は、銀メダルさ。(イワクつきだけどね)(笑) 
なんくるなさい〜で完泳!に拍手〜

気持ちいい〜♪ 神様、パーム様、この何とも言えない達成感を、ありがとう!



また来たい!
絶対に、
また来たい!!



「なんくるないさ〜」とは、
沖縄の言葉で「なるようになるさ〜」的な意味。
 
 

ゆったりと流れる時間、
そして
とても暖かい沖縄の人達とのふれあいに癒されて、
地のエネルギーに、心も体も浄化されました。

おかげさまで、心の中は↓こんな感じです。


「なんくるないさ〜」の境地に、近づくことができました。


お天気にも恵まれ、素晴らしい心地に浸れたことに、ただただ感謝しています。
| chizuru | 20:02 | - | - | - | - |
泳ぐこと

少し泳ごうとプールに入り・・・ゆっくりスタート・・・クロールで。

3掻きに1回の呼吸のペースを崩さずに。
泳ぎのリズムを崩さず、50mを1分程度のサイクルで。
自分の泳ぎ方にだけ意識を向ける。

気づいたら・・・ノンストップで50分間、泳ぎ続けることができた。
とてつもない長い時間だったような気もするし、あっという間だったような気もするし。

やりきれない雑念をとっぱらいたいと思っていた本日でした。
泳いでいるうちに、
聞こえるのは自分の"呼吸"と"水を掻く音"だけの、
たとえようのない単調さと静けさに包まれた世界を漂いました。

「無心」になりたい時、
「呼吸法で瞑想」とか
「座禅」とか・・・
手段は色々あるのかもしれないけど、
「泳ぐ」=水にたゆたうという原始的な行為は、
何にも勝る「無の境地」を感じられる身動きかもしれない、と、思えました。

「水泳」に出会えたことに、今あらためて、感謝。

| chizuru | 00:19 | - | - | - | - |
久しぶりの水泳大会
もう若くないし〜

最近は、がんばっちゃう練習からは遠のき、
のーんびり泳ぐ程度のプール水泳生活でした。
が、
昨日、
2年ぶりに、プールの水泳競技会に参加しました。

個人種目のエントリーは、25m自由形と50m自由形。
こちらは自分だけの問題なので、呑気に構えていられます。
しかし、
意に反して、(絶対やりたくなかったのに(>_<))
所属チーム対抗のリレーの一員としてメンバーに組まれてしまい・・・
(しかも私以外はみな速い人)

リレーメンバーの知らせを受けてからは、プレッシャーで日に日に気持ちが沈んでいきました。

私だけが際立って遅いのです(泣)

その上
日頃そういった練習をしていないのだから。

間違いなく足をひっばってしまう劣等感で、、もう憂鬱で憂鬱で。

もう今さらどうにもならないとは思いつつも、、
間近の数日間は、何もしないでいると、さらにさらに落ち込んでしまうのがつらくて、
付け焼刃、、老体に鞭打って練習しました。

岡ひろみの気分(て、古い(笑) 通じませんね・・・笑)

結果(記録)は・・・やっぱり、それなり。。。

インスタントにどうにかなるものじゃぁ、ありません。


しかし、
40代女子の参加者が少ないおかげで、個人種目"年齢区分40代"では、入賞できました。
拍手!
ありがたい!

そして、リレーも。他メンバーに助けられて、なんとか迷惑はかけずに済み、2位! ホ〜〜ッ。




終わってしまえば、
遅かろうがへっぴりだろうが、オーライ(笑)


あれだけ劣等感で憂鬱だったブルーな気分も、
全〜〜〜〜部どこかへ、飛んでいってしまいました☆

終わったぞ〜!!
スッキリ〜 
この解放感が、最高♪

あぁ〜楽しかった(笑)

何よりも、
エリートスイマーもへっぴりスイマーも隔てのない、
みんなお疲れさま〜の打ち上げが、
本当に、楽〜しい〜♪♪
| chizuru | 18:59 | - | - | - | - |
夏休みの楽しみ
夏休み、大きな楽しみの一つは、双子の甥っ子達と、プールに行く事♪

「水泳を楽しめるようになって欲しい!」が、私の夢であり、使命です!(笑)

しかし、(明らかに文科系の)彼らにとっては、険しい道のようです。


今、10歳・・・綺麗なフォームでスイスイ泳げるお友達はたくさんいる中で、
二人は、
耳に水が入る恐怖と、クロールの息継ぎができない試練に、苦戦奮闘中。
(おかしいなぁ〜3歳からスイミングスクールに連れて行ってるのに、変わってないのは何故だ(笑))

でもでも。
私も。
全く同じ箇所で、かなり停滞し、かなり苦労しましたからね。
できない辛さは、すごくよくわかります。
だから、何とかしてあげたい!

何かうまく伝えられる術はないかと、
”ドラエもん水泳教本”などでこっそり勉強してみたのです(笑)が、
しかし、
理屈を説いてあっさりできれば、、苦労はないですよね。

つかむのは”感覚”、体で感じてわからなければ。
言葉でそれを伝えるのは難しいです。
何度同じ説明をされても全く理解できなかった・・・まさに私がそうだったように。

もがいて、水を飲んで、ゲホゲホッッを繰り返して、、
もういい加減イヤになりかけて、
そんな時に、
体が、これだ!とピンときて、習得し、何かつかむ瞬間が、
絶対にやってくるから!
だから、それまでガマンしてやってみるしかないのです。

さらっと出来ちゃう子も、たくさんいるのにね〜(笑)
不公平だよね(笑)


でもね、
さらっと出来ない方が、たくさん苦労した方が、
出来た時に何倍も嬉しいんだから。
本当だよ(*^_^*)

耳に水、息継ぎ、、乗り越えちゃったら、
泳ぐことの気持ちよさに、すごーーく幸せを感じられるからね!

がんばれ!!

て、
心の中で応援しながら、
こんな時間を共有できる今が、とても嬉しいです♪

そんなわけで、
夏休みは、年甲斐もなくあちこちのプールに行くのが楽しみです。



それで。
プールの良し悪しには、ちょっとうるさい(笑)私ですが、


本日初めて行きました”横浜元町公園プール”は、
と〜っても気持ちのよい、"Very Good!"なプールでした。

まるで森の中にいる気分、高台の豊かな緑に囲まれた広々とした屋外50mプールです。

横浜の水は、上質でとてもおいしいと評価されています。
プールも違わず、
水の綺麗さは、驚くほどに抜群!でした。
それでいて、料金お一人様1時間200円、
スタッフの気配り、清潔さ、全てにおいて好感◎。
横浜中華街・元町から歩いて数分という利便ですから、観光もグルメもお買い物も、バッチリ満たされる環境です。

オススメ!
★★★★★

| chizuru | 23:56 | comments(4) | - | - | - |
伊豆大島オープンウォーター リタイア(泣)
9月14日(日) 今年最後の遠泳大会に参加しました!

場所は伊豆大島。
近いですね!
熱海から高速船に乗って、わずか45分で到着です。


9月も中旬、気温が心配でしたが、この日は残暑が戻り、天が味方!
ヤッター(^_^)v

しかし、喜びはここまででした。


海に着くと、「ここはハワイノースショア?!」 と思えるほどの高くて激しい波、うねり、、唖然!!
(高い波の写真がないのが、悔やまれる)

一瞬にして、怖じ気付きました。
「ダメ〜〜〜〜、絶〜っ対、無理!! こんな高い波は泳げない(>_<)」


励まし:「せっかく来たのだから・・・」
励まし:「海綺麗だよ〜・・・」
励まし:「綺麗な魚がたくさんいるよ〜・・・」
励まし:「そばについて泳いであげるから」
と、
励ましを受け自分を奮い立たせてみたものの。
ブルブル震えが止まらないままに。

・・・僅か数十メートル泳いだだけで、怖さのあまりに呼吸困難となり、、
「もうダメ〜〜〜怖いよぉ」
励ましさんゴメンナサイ、ライフガードに助けを求めて、あっけなくリタイアです。

根性なし。。。情けない。。。ブザマです。。。

結局、トロピカルなお魚を見ることもできませんでした。







大会途中リタイアした泳者は、通常、ジェットスキーに乗せられ、その時点で岸に連れ戻されます。
が、しかし今回は、ジェットスキーがなく、代わりに海上に待機する小型船に拾われました。
(写真は違う種目を撮影、状況はこんなかんじ、写真では穏やか波ですが、ブイの外側はかなりうねり波高く・・・)

船に拾われてすぐに岸に帰れると思いきや、、
「この船は、3キロ種目の最終泳者がゴールするまで戻れません。だから、終わるまで(約1時間半ほど)一緒に船に乗っていてください」と。

えぇっっ?!
そんなぁ(大泣)!!
と思ったところで、どうにもなりません。
結局、その後1時間半、ライフセーバーと一緒に、海上から競技を眺める事となりました。

開き直りました。

『泣いたカラスがもう笑った』というのは、私の事でしょうか(笑)
リタイアしてガックリしていたはずが・・・あれあれあれ?
海の上での貴重な体験に、だんだんと好奇心がわき、楽しくなってきてしまいました(笑)。

なかなかできませんよ〜、こんな体験は。

海上で、のんびりクルージングです。しかもライフセーバーが一緒ですからこの上なく安心(*^_^*)
海の上って気持ちよいのですね♪

ライフセーバー方達の頼もしいお仕事ぶりも近くで拝見でき、とても感動しました。
そして、遠泳大会の裏方も垣間見れたし、
思いもよらない展開となりましたが、とてもとても思い出深い大会となりました。。とさ。

終わった後は、もちろん魚三昧☆
試合後のビールは、何て美味しいんでしょー(泳いでもいないのに!)

おかげで、またさらに1キロ、肥えてしまいました。


伊豆大島、最高です!
| chizuru | 01:23 | comments(12) | - | - | - |
ニーハオ!  くらげちゃん
8月10日(日) 湘南オープンウォーター 遠泳大会
お天気、うす曇。
無風。
無波。
海水温、高め(31 度)

海岸から沖に出て、江ノ島方向に(写真で向かって左から右方向へ)
、2.5キロを泳ぐコースです。



昨年の大会は、サーファーが喜びそうなほどの高波状況。
私は、波を越えるのが怖くて、泣きべそをかきました。懐かしい思い出です。。

が、今年はご覧の通り!
無波。

まるでプールのような静かな海、
日差しも弱く、コンディションは最良でした。


・・・さらに・・・
万全体勢のライフガード陣


数多くのライフガードが、バッチリと配備され、絶対の安心感。
この安心感は、泳ぎに大きく効用するのです。



おかげで!!
怖さもパニックもなく、"アワワ"となることも無縁にマイペースな泳ぎができました♪

結果は!!
おてんき昨年に比べ "7分25秒"の時間短縮おてんき
上出来♪大満足♪
(^_^)vの完泳、フィニッシュでした。


「自分の泳ぎ、自分の泳ぎ」
本日世界新の金メダルを獲得した北島康介君は、そう自分に言い聞かせ続けて泳いだそうです。

私もそうでした(笑)♪

のびのびと海を楽しむ、自分の泳ぎをすればいい。
のびのび、のびのび〜と、リラックス〜。
泳いでいる間中、完全に自分の世界に、気持ちよさだけに意識を向けていました。
「超・きもちいい〜」でしたよ。

しかし。
時折、その気持ちよさを襲撃する何かが!!

ビリビリビリビリー、
チクンぞぞーーーっ。





初めてのくらげ体験!!
ビックリ仰天、身体はビリビリでした。
走り巡る戦慄。
味わったことのない刺激。
痛い(>_<)。

海で育ち、海には何度も行っているのに、くらげは初体験でした。

この洗礼は、
もしかしたら、海で生きる仲間からのご挨拶、
ようやく一人前のスイマーとして海に認められた証なのかな☆

だとしたら、
くらげちゃん、これからもヨロシク(笑)
ほどほどにおつきあいくださいね。


波なし、くらげありで、
ますます海へと、気持ちがときめいた2008湘南大会でした!
| chizuru | 23:51 | comments(16) | - | - | - |
熱海オープンウォーター 今後への課題!
7月6日(日)
晴れました!
熱海サンビーチにて、オープンウォーター海の水泳大会にエントリーしました。

水温も低すぎず、コンディションは良好。
眼下には、お魚ちゃんやカニさんのゆらぐ姿も見えました(これが嬉しい)。


当日朝は、"もや"で覆われ真白、開催中止か!と思われたのも杞憂、
開始時刻前にはスッキリと晴れ、開催成功を願う運営スタッフと参加者達の念の強さを感じ、
「ようし♪ 気持ちよく泳ぐぞ〜ん☆彡」と気分は高揚しました。

結果は、無事完泳。
記録も昨年を3分20秒更新、縮める事ができました♪


、、満足度は、やや、不完全燃焼気味なのですぅ、、、、、、、、、ぐすん。



コース


スタートして防波堤を越えると、、そこには「うねり波」が待っています。




進行に対して向かってくる「うねり」
私には、それが、怖いのです。
本当は、どうって事ないへっちゃらだろうに、
向い来る"うねり"が、どーしても。
先入観で、怖いのです。

怖いと感じた途端に、軽く心理パニックに陥ってしまい、
そうなると呼吸も苦しくなってしまい、クロールで泳ぐ余裕がなくなるのです。

アワワアワワと、立ち泳ぎをしてその場で、動揺を沈めようともがきます。
アワワ・・を繰り返すこと、何度も。
泳ぎを知らない人がもがく状態、まさにあんな状態です。

棄権してライフガードに助けを、と諦めかけた瞬間が何度も訪れました。
涙ちょちょぎれ。。

沖に出てからの数百メートルは、立ち泳ぎアワワ・・・&顔を上げての平泳ぎの繰り返しでしのぎ、
なんとか後半までたどりついて、その頃にようやくようやく波にも慣れました。気持ちも落ち着き、そうなって初めて本来の泳ぎができるといった展開でした。
昨年も同じパターン。。
進歩がない。。

昨年度エントリーした他大会においても、やはり、向かい波が怖くなりその途端に、平泳ぎで進むという顛末も経験しました。

落ち着いてクロールができたら、本当に気持ちがいいのです。
進むのです。
それなのに、スイスイ〜っと泳げるのが、わずかラスト数分だなんて。。

スイスイ〜の泳ぎで最初からいけたならと思うと。
自分の意気地のなさと臆病さに、不甲斐なさを感じます。

先入観によって、気持ちが引けてしまい臆病になってしまう、、
これは日常生活にもありがち。
泳ぎにも顕著に出ちゃうんだな〜〜。

次への大きな課題が見定まりました。

「怖い」を克服したい!!



召集の風景


スタート直前、誰もがドキドキの瞬間


スタート直後、無心にゴールを目指すのみです

海の写真を見ていると、あぁ〜泳ぎたいなーーと思います。
自然に包まれる事のありがたさを思います。


「日本を泳ごう委員会」の7つの大会理念
・海を泳ごう
・海を語ろう
・海を知ろう
・海を敬おう
・海を楽しもう
・海をキレイにしよう
・海と友達になろう

ちっとも「怖い」事はないんだから!!

もっともっと海と友達になれるように、あと少しの度胸を。

次は湘南大会。
がんばります!!
| chizuru | 15:56 | comments(14) | - | - | - |
熱海を走る!

高橋尚子に注目が集まった同じ日に。

私も、走りました!

熱海湯らっくすマラソン大会、12キロの部
海岸沿い、普段は車しか通れない有料道路を。
澄み渡る青空、視界には大海原、潮風を全身に浴びて、強風に翻弄されながら、
身体は「おぉ 自然を全身で感じているぞ〜!」と歓喜の声を上げていました。

記録:1時間12分16秒。完走\(~o~)/万歳。

嬉しい気持にさせてもらえたのは、前を走るおじいちゃん。
少しヨボヨボ、いかにも神経痛が痛みそうな身体つきなのに。
背中に「挑戦者」と書かれたウエアを身につけ、モクモクと走る姿が幸せそうです。
なにゆえ息苦しいマラソンなどを好んで。。。と思いながらも、
背中を追いかけているうちに、私はとても嬉しくなってきました。

きっと、このおじいちゃん。
”挑戦する”事の楽しさ、その真髄を、わかっているんだろうな〜って思えてきました。

挑む楽しさを知っているって!
何て素敵!
何て粋!羨ましい!

まだまだ私の知らない境地、奥義、
あるぞあるぞ、間違いなくあるぞ。

マラソンというと、辛さ、根性、演歌の世界・・・ちょっと暗めなイメージが。
でも、そんなんじゃなく。
青空や海や風からもらえる爽快な気持ちよさと同じように、少し高みを目標にして積極的に挑むことの楽しさ。
そんな軽やかなチャレンジが、楽しめそうです。

”楽しく挑む”を追求し続けていきたいと思います♪
おじいちゃんに続け〜!!

次は5月、13.5キロにエントリーしました!
| chizuru | 11:00 | comments(12) | - | - | - |
雪で中止・・・そして
2月3日(日)青梅マラソン大会、雪のため中止。
「雨なら辛いだろうなぁ」位の覚悟はしていましたが、雪により中止は、想定外の展開でビックリ!


デビュー戦となるこの日を楽しみに、地道に練習を重ねてきましたのに。
開催中止は16年ぶり、確立は・・大当たり(笑)。
この日を忘れないでしょう。
中止となり時間が浮いた分、雪景色の露天風呂を満喫しました。
"転じて福となす〜"
いい思い出となりました。


さて
実は、少し前から懸案事項(大げさ(笑))を抱えていました。
とある依頼を受け、それを”受ける”か”断る”か。。答えを迷っていました。

「青梅を走ってゴールできたら、その答えが見つかるかもしれない!!」
そんな期待を託して、完走するというドラマチックな感動に答えを委ねていたのですが、
。。。中止とは、ありゃりゃな結末(苦笑)


でも。
この雪が、物語っていました!
雪のおかげで、ヒラメキましたぞ!!

雪で中止という想定外の展開、これは、有無を言わせず静かにさらりと起きました。
そして我々は、それをすんなりと受け入れるしかない。
成り行きにまかせる、とても自然なことです。
お天気は「その時になってみなきゃわからない」のです。
なってみて「さて。ではどうしようか?」と、前向きに取り組めるものなのです。
取り組んだ結果に、待っているのは、意外な楽しさだったりする。


人生もそういうことかな、と思いました(またまた大げさ(笑))。
自分に起こることをさらりと受け止めてみる。そして「さて、それではどうしようか?」とトライしてみる。
その時になってみなければわからないのだから、
「もしかしたら大変と思う事が多いかもしれない・・」と二の足を踏んでいないで、やってみたらいいだけのことかもしれない。
やらないよりは、きっと、やってよかったと思えるに違いない。


『な〜んだ、答えはシンプルじゃ〜〜〜ん(*^_^*)』と、気づきました。
迷いが消え、「やってみる」ことに決めました。
具体化したら、日記に書きたいと思います。


マラソン大会も、次の目標が定まりました。

                 ・・・・・・・・・・・・・・・雪にありがとう♪です。
| chizuru | 11:47 | comments(10) | - | - | - |
水泳大会 ズッコケる
5月27日(日) 水泳大会。
個人種目:50m自由形。

ずっこけました。

周知の事実ですが。
私は飛込みが下手。大の苦手です。

正直申せば。。
ちょっと自意識過剰なところありますから(笑)。
♪華麗に飛ぶ私♪を、思い描いていました。
しかし。
数年前。
ビデオに写った飛び込みシーン。
「これが私!!」
現実を目の当たりにし、ショックで失神寸前でした。
それ以来、自覚しました(笑)

例えれば・・・
そう。



「シェ〜」に似ています、私の飛び込み姿。
あまりにオチャメで。
笑えます。

スタート台を蹴った瞬間、
身体は緩み、
膝は曲がる。
「シェ〜」と宙を舞って、「バチャッ」と音をたて着水です。
上手な人が飛込めば、頭から(音など立てず)「シュポッ」なのです。


それでも、『月日がたてば、何となく自然に上手くなっていくだろう♪』と、おめでたい勘違いをしていました。
しかし。
飛び込みこそが、『いつのまにかできていた!』は、ありえない!のです。
数をこなし、身体で感覚つかまなければ、上手くなり得ないのです。


大会当日。
会場では、競技開始前に飛込みの練習ができるようになっています。

もしこの時間に、1本でも練習していたら、
もしかしたら記録更新ができたかもしれなかったのに。。
「まっ、朝早いことだし〜、ぶっつけ本番でいけちゃうかな〜・・」
この怠慢で、傲慢な余裕が。。悔やまれます。

本番
「♪用意〜」の合図で、グラグラっと身体動き、そのまま自制できず「シェ〜」→そのまま「パチャッ」
フライング。。です。

水泳競技においては、
飛込みの出来具合が泳ぎを大きく左右します。
失格にこそならなかったものの、
結果は、タイム落ちでした。。

「シェ〜」では、私の美意識が許しません(笑)
飛込みの上達が、記録更新にも近道です!

”練習なくして進歩はありえない”
当たり前のことを忘れていました。
火がつきました。

次の大会では、美しく華麗に飛んでみせます!

| chizuru | 17:06 | comments(22) | trackbacks(0) | - | - |

Profile


青いバラ


**花の絵作品集**

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM