Page: 1/7   >>
10/7 毎日新聞 「盲導犬と歌う教諭」記事 必見!

多くの方に見ていただきたいです!

 

10/7本日 毎日新聞1面に-盲導犬と歌う教諭ー 栗山さんが紹介されています。

 

1面から4面に続いて、大きく紹介されいます!

栗山さん1頭目のパームがリタイアした時のことも、紙面では少し触れて掲載されています。

 

毎日新聞デジタル 動画ニュースでも紹介されて見れますので、ぜひ!

https://mainichi.jp/movie/video/?id=5845280602001

 

 

応援しています!!!

| chizuru | 13:36 | - | - | - | - |
来る10/7日曜日 毎日新聞のお知らせ!

来る・・・10/7 日曜日 毎日新聞に、大注目です!

 

https://mainichi.jp/articles/20181001/ddm/004/040/009000c

盲導犬と歌う教諭 7日・日曜日 1面、ストーリー面

 

ぜひせび!!

 

| chizuru | 20:02 | - | - | - | - |
花のつぼみが、ポコポコと次々と開花♪

昨日2/23は、パームさんの命日☆

お天気は冷たい雨のち晴れ。は、また今年もだね。

 

パームへの想いをお言葉いただき、ほんとにありがたいです♪

そして、

パームにと、春色のお花もありがとう!

2/23になり小さな蕾みがポコポコと次々開き始めて、命宿っているなぁと実感しました。

これはきっと! パームからの通信で「天国で楽しくやってるよー♪」てことなのね♪ととらえています(*^-^*)

 

下界の我々も元気だからね♪

心配ないよ。安心して天国を謳歌するんだよ〜!

| chizuru | 20:08 | - | - | - | - |
今でも。
なんとはなしに手にとった本、

昨日、読み始めて一気読みでした。

著者のアネラさんは、「アニマルコミュニケーター」という肩書。
言語の違う動物たちが発信する想いやメッセージを受取れる能力のある人が、います。
職業にしたり、人と動物との関係改善に貢献したり・・・という、天から与えられた使命なのでしょう。
能力を、良い形に生かされています。

信じるか?と疑い半分の気持で、まぁとりあえず読んでみようとページをめくり始めました。
著者アネラさんが今に到るドラマティックな経緯と、
相談を受けた動物(主に犬)たちとの交信の様子を実録の内容となっています。

載せられた実話には、
虹の橋を渡った犬たちの声を受けたものも、ありました。
読みながら、ものすごく穏やかな心地に包まれながら、自然とツーと涙が溢れ出てきました。
ものすごく自然に感動したから、
きっと、声が聞こえてるというのは本当だろうなぁと、思えました。

天国の犬とアネラさんの交信によれば、
天国に逝った犬たちは、
逝って何年経っても、時々大好きな飼い主さんの近くに、降りてくるらしいです。
とにかく飼い主さんが笑顔でいてくれるようにと、いつも願っていて、見守っていてくれる、らしいです。

パームぅ♪
時々、来てくれているのだね。やっぱり!

なんとはなしに手にとった本なのに。そんな想いに浸れた不思議なタイミングでした。

今日は、パームの命日。

何年経っても。今でも。時々降りてきてくれているのだなーに感謝できた昨日、今日。
ますますパームにLOVEだよ♪

それから。
「パームにどうぞ!」て。
今朝、幸せ色のミモザをいただきました。

「ミモザがきれいだね〜」て、パームと一緒にの〜んびりお散歩した当時が鮮明に、
よみがえりました。

すごくうれしい。
心からありがとう〜。
 
| chizuru | 22:29 | - | - | - | - |
3年経ちました
朝方雨が降り、次第に気温がガーっと上がる・・・2012年の2月23日も、今日と同じ様なお天気だったなー。

パームが虹の国へ行って、3年が経ちました。

パームの写真、この3年間は季節が変わるごとに思いついた好きな写真に入替えて飾るというやり方
で、
昨年の自分のブログを見直してみれば・・・同じ写真を使ってた!(笑)
http://blog4748.chizuchizu.ciao.jp/?eid=1338158
単純ね。私(笑)

今頃、パームは天国で何しているかな〜。
兄弟のジャムちゃんと、そちらの世界を楽しんで過ごしている姿が、ママには目に浮かぶけれど♪
そして、
私からパームに伝えたいことは、
カールのこと・・・これからも細やかに見守ってあげてね。
そして
お父さんのことも。
よろしく頼みます。

*******
著書「詩ふたつ」(長田弘著)の解説より。
”心に近しく親しい人の死が後にのこるものの胸のうちに遺すのは、
いつのときでも生の球根です。喪によって、人が発見するのは絆だからです”

〜引用〜
どこにもいない?
違うと、なくなった人は言う。
どこにもいないのではない。

どこにもゆかないのだ。
いつも、ここにいる。
歩くことは、しなくなった。

 
*********
大切な存在の死去という経験をし感じていることは、
この世からいなくなってしまったけれど、
目には見えないけれど、
いつもすぐ近くにいてくれるような気配を、
すっごく感じているよ。

だから、
ちゃ〜んと楽しく納得して生きなくちゃ!と、
あらためて感じています。

パーム&父へ
これからも、空から見ててね!
| chizuru | 20:57 | - | - | - | - |
毎日新聞夕刊 11/29


栗山さんが紹介されています。
現アイメイトのダイアン&先代palmのことも、触れられています。
栗山さん新曲の歌詞も、大きく掲載されています。
palmとの新しい生活が始まる頃の体験が書かれていて、
じーんときました。

〜歌詞引用〜
「二人暮らし」(9月発売の初の自作アルバム「僕の取り柄と盲導犬」の中に収録)

また断られた 大家さんが
盲導犬と目が見えない人は やっぱり貸せないって
歩き疲れた もう嫌になったとき
「諦めるな」と
一緒に不動産屋を回る友達に励まされた

また叱られた「どこ見てんだ?」と
道を歩いてて 何度も何度も人にぶつかって
叱られて怒鳴られた
「目が見えていれば・・・」と
言っちゃいけない言葉を
つぶやいて飲みこんで また物件を探した

東京を探して振られて 横浜まで来て
100件以上断られて やっと見つけたマイルーム
今日から君と二人暮らしで
ひとつ屋根の下生きていく
犬の君と 東京に負けぬよう
六畳一間で生きていく

また間違えた 慣れない街で
盲導犬の君は家までの道を 何度も何度も間違えた
凍てつく寒さで 先が思いやられたけれど
二人帰れる家があるだけで 本当に嬉しかった

東京に憧れ 育てられた養護施設を出て
畳の上寄り添って寝た 二人のワンルーム
今日から君と二人暮らしで
ひとつ屋根の下生きていく
犬の君と 東京に負けぬよう
六畳一間で生きていく

また目が覚めた またいつもの
一人きり暗闇を手探りで歩く あの夢にうなされた
でも隣には 寝息立てる犬の君が傍にいた
久しぶりに自分と他人を信じてみたくなった

※今日から君と二人暮らしで
 ひとつ屋根の下生きていく
 犬の君と 東京に負けぬよう
 六畳一間で生きていく
※くり返し

 
たくさんの人に聞いてもらえることを、心から願っています。
 
| chizuru | 18:00 | - | - | - | - |
2年経ちました。
今日も寒かった。
2月23日は”かなり寒い”の確率が、高いのでは?と思います。

パームの死去から2年が経ちました。


2年目は・・・2周忌とは言はず、3周忌になるらしいですね。(知らなかった!)
が、そんなことはさておき、

パームは、「春」の男だったのさ〜。
植物達が春の陽射しにウキウキ開花踊りだす頃の
優しい陽射し&調和の陽気がとても似合うジェントル犬だった。
と思うから、
だきるだけ賑やか色彩で、春の花を飾ってみました。
「春が来たな〜うっほほーい」て、喜んでくれるといいな♪

2年前パームが逝った時、
「私はこれから何に夢中になればいいのかわからないよー」て前が見えなくて、
ため息ばっかりついていたあの頃です。
ママを救済しなくちゃとおもってくれたのかな〜、天使パームは。
突然カールが派遣されたことは、天使パームのさしがねでしょうね〜と、今でも私は思っているよ。

それにはビックリしたけれど、でも、おかげで「夢中」になれるカールの到来があって、
充実満載の日々が始まったよ。すべては、パームのミラクルのおかけで、懐かしいやら感謝の気持ちでいっぱいだよ。

カールは、とてもいい子に育ったよ。
飼育を通して、あらためていろ〜んな感情も経験できたよ。カールとの日々は大切な思い出。

カールが巣立った今は、
再び、夢中になれる対象がいなくなってしまったから、
さて、
これからママは何をするのがいいのかな・・・て、
気持ち前向きにならなくちゃねーて、自分に喝!を入れているところだよ。

パームぅ、ママがぼんやりしていたら、必要なことに導いてね。
て、
写真のパームに「頼みますよ」て語りかけながら・・・しみじみと晩酌している今宵です。
 
| chizuru | 20:54 | - | - | - | - |
りんご
 

天国のpalm♪
16回目のお誕生日、おめでとう〜

りんごが美味しい季節になると、palmがシャリシャリ美味しそうに食べていた頃を、懐かしく思い出します。
| chizuru | 21:00 | - | - | - | - |
久しぶりのlive♪
ただいまー。
今夜は、赤坂のliveハウスに、行ってきました!

パームの元パートナーの栗山さんliveステージ。熱くなりました。

久しぶりに栗山さんの生歌聞いちゃったよー♪
胸きゅーん。ほんとに素敵な歌声なんだから。
フミヤも福山をも、越えていますよ!!

MCも冴え冴えの本日でした(笑)

栗山さん、今回は「8弦ギター」をひっさげての演奏っぷり。
どうなってるのよ〜と驚きの技巧に、惚れぼれしました。

「8弦ギター」なのですよ!
「8弦ギターって?」何?なわけですが、
なんと!
1つのギターの中に、ベースとギターの役割をこなせちゃうような仕様となっていて、
とても複雑に作られているらしいのです。

だから当然、それを操る奏者は、かなりの器用な手仕事になるわけです。
本日のlive、
ドラム奏者と栗山さん二人構成なのに、
いやいや、それ以上いるでしょ?を思わせる音の調和、
まるでステージには3人いる?かのごとくの音楽が奏でられていました。

アイメイト"ダイアン"は、じぃっと傍に寄り添っていました。
相変わらずのダイアンは美男子健在!
ファンにたくさん写真撮られていたね♪(笑)

素晴らしいステージをありがとう〜♪
その場に居れた幸運。なんて心地よい夜!に酔いしれました。
ありがとう〜。

さて、
栗山さん情報ですが、

来る11/17(日)に、NHKラジオ深夜便に、出演が決定しました。
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/pro/2pro.html
お時間ありましたら、是非、お聞きください!

それから、
少し前の記事ですが、
是非目を通していただければなーと思うインタビュー記事て゛す。

http://www.onelove.cc/message_kuriyama.html
読んでいただけたら、すごーーーーーく嬉しいです。

今日はパームも、天で微笑んでいると思えます♪
| chizuru | 22:50 | - | - | - | - |
空を見上げる日
一年前の今日は、朝から大雨でした。

パームの最期を看取り・・・その後は、現実感のないような、ここに意識がないような、
音も聞こえていないような、
ふわふわたとえようのない不思議な状態で、その後の事をこなしていった気がします。

このまま時間が経たないのではないかと思ったこともありました。
それでも、
私がしょんぼりしていたら虹の国のパームが悲しむからと気づき、
楽しいオレンジ色のオーラを出すことが供養になると思って、
のりこえようと前向きになりました。そして元気が戻りました。

パームへ。
私は強くなったよ。

パームがいつでもすぐ近くにいてくれると思えるよ。
だからとても心強くて、
自分の根っこの部分が、どっしり落ち着いた気がするよ。
私らしく主体的に生きていけているよ。
(とはいっても相変わらず他愛のないことで焦ったりあわてたりはしているけど(苦笑)

今をとことん大切にして、
パームに誇れる生き方をしていきたいです。


昨夜は、
優しい花の"気"に包まれて、パームと過ごした日々を懐かしみました。



今日は、空を見あげました。

あの雲の上にいるのだな〜と思うと、ちょっぴり涙がでてきましたが。

カールと一緒に屋上で遊びました。
少しでも空に近い場所だから。
"見守ってね〜"と、パーム天使に伝えました。



パームのように、人にそっと寄り添えるカールになれますように。


今の私は、今日の穏やかな青空のような気持ちでいます。


追伸
暖かいメッセージをいただきました。
幸せです、パームも私も。
心からありがとうの気持ちで満たされています。
| chizuru | 19:06 | - | - | - | - |

Profile


静かな部屋で


**花の絵作品集**

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM