Page: 1/7   >>
小さな展示 2つ

先週は小さな美術館へ。

今週は小さなギャラリーへ行ってきました。

どちらもよかった♪

 

絵本好きの方には、"原画"を間近で見ることができるトキメキを共感してをもらえるのではないかしらん♪

おまけに日本画!ばかりですから。

個性豊か、岩絵の具の色彩使い美しさにうっとりするのと、大人こそ楽しめる奥深い魅力に浸れました。

 

「絵本にみる日本画」展。千駄ヶ谷の佐藤美術館で開催中です。

 

http://sato-museum.la.coocan.jp/index.html

 

小さな美術館です。

 

 

一部撮影可でしたので雰囲気をパチリ。

展示されていた絵本作品は

・きんいろのしか

・いっすんぼうし

・たつのこたろう

・海女の珠とり

・駝鳥

外国民話あり、能で人気の古典題材あり〜と、趣いろいろ富んでいました!

 

美しい色合いに溢れていましたが、私が一番惹かれた絵は、力強いこの絵!

ひととき、静かに浸れた良い時間でした!

 

***

それから、もう一つは、会期明日までですが。

玉三郎さん♡の写真展です。展示数少しですが♪

 

THE GINZA SPACEにて。

https://www.company.theginza.co.jp/news/details/000019.html

 

この写真だけ撮影可でしたので♪

それにしても、THE GINZA COSMETICS GINZAで扱うお化粧品、まぁなんと贅沢でおしゃれな!

玉三郎さんがお使いの基礎化粧品のサンプル、いただけましたよーは、余談まで(笑)

 

うっとり♪なひとときでした。

| chizuru | 17:57 | - | - | - | - |
手紙日和♪

さぶぅーい日は、手紙日和です♪

 

山好きで花が好きで、山ごはんが生きがいで、本大好き手紙大好きの友人A子さんへ。

先日いただいたお手紙のお返事、たっぷり想い込めて書きました♪

素敵な生き方!うらやましい趣味人っぷり!!

もう書きたいこといーーーっぱいで、伝えたい想いを紙面に納めるのに苦労しましたが(笑)

 

久しぶりにガラスペンなど使ってみたくなり、アナログなコミュニケーションに、心躍りました!

 

| chizuru | 21:03 | - | - | - | - |
壽 初春大歌舞伎

1月19日 ポカポカ暖かいお天気に恵まれました。

 

病み上がり社会復帰一発目の外出、これが外は極寒だったら堪えたかもしれないですが、

幸いにも、なんて穏やかな晴天!に、身体回復も実感♪心のウキウキもアップ〜↑でした。

 

1月歌舞伎座は「壽 初春大歌舞伎」 昼の部

 

"初春をことほぐ"

新年祝い、前向きなれる美しい日本語ですよね〜。

 

積まれた酒樽は"八海山"だわ〜♪

 

昼の部演目は、松羽目舞台の舞踊から始まり、いずれにも新春祝う風物詩、華やかさを盛り込んであり、

目から耳から全身で初春を感じられることの喜びに包まれました。

芸術/芸能の素晴らしさよ〜!

 

私の愛する玉三郎さまは出演ありませんが、初春彩る役者陣は超豪華です!!

特に芝翫さん、さすが!!襲名され貫禄がすごいったら!目を見張るものがあり、大拍手!!

 

今回は故郷焼津の歌舞伎愛好家ご一行(大型バスで歌舞伎座直行送迎(笑)+銀座お買い物付の、いたれりつくせりツアー)鑑賞会のお席確保エリアに、ご一緒させてもらいました。

母も来ていましたし妹夫妻も一緒に。

幕間に退屈することもなく、お昼には今半のお弁当が用意され、初春心地満喫のひとときでした!

| chizuru | 19:36 | - | - | - | - |
12月22日のいろいろ-TATSURO YAMASHITA PRESENTS X’mas Songs-

CDでも聞きながら家事しようかしら〜♪

と、何気に目についたのがこれ↓

 

"Merry Chrisrmas from KFC"とあり、ケンタッキー?

ジャケットにもカーネルおじさんが?

はてこれ?何だったけ?大御所山下達郎じゃん!!

けれど、自分で買ったものなのかどうなのか、、、記憶にないです( ;∀;)。

 

クリスマスの頃、たまたま今日目に入ったというだけでも、何だかウキウキ!なので、

聴いて過ごしました♪よいねー、この時代の声♪

 

山下達郎が歌う

"White chiristmas"

"Jingle Bell Rock"

"Have Yourself A Merry Christmas"

竹内まりあの歌う

"The Christmas Song"

 

 

すごーーーく古いCDだけれど、新鮮でした!

 

クリスマスですね〜☆

| chizuru | 18:14 | - | - | - | - |
十二月大歌舞伎 玉三郎さんの情熱♪

先週の土曜日、12/8(土)に歌舞伎座へ!十二月大歌舞伎、夜の部Bプロに行ってきました。

(遅ればせながら感動を記録まで)

 

お席は、それはそれはよいお席でした♡大満足でしたよ。うっとり♪

夜の部・・・Bプロを鑑賞しました。

玉三郎さんの「傾城雪吉原」舞踊が(初披露)最優先に見たい希望だったので、

Bプロをまずは!

(でも他、昼の部も見たい。夜の部Aも行きたい!)

今回も、"行けてよかった〜♡"の満足感と陶酔のひとときでした。

 

舞踊「傾城雪吉原」では、玉三郎さんの舞う姿、妖艶さに見とれるのは言うまでもなく、

奏でる鼓や三味線、お囃子の神秘な音色。

小道具の雪がはらはらと落ちる速度にまで、魂が込められていたと思える!

そのこだわりに、細部に渡る"完璧な"美しさに、もう感動しっぱなしでした。

 

「あんまと泥棒」では、

中車(香川照之さん)と松緑さんの名演に脱力〜&笑いの渦でした。

 

そして、「阿古屋」が熱かった!

今月夜の部はAプロBプロと2構成に展開されていたのは、珍しいことで、

これは玉三郎さんの情熱なのです。心打たれる♪「阿古屋」の配役です!

 

実演技の中で"琴""三味線""胡弓"の3楽器を、切なく美しく実演する場面のある大役の「阿古屋」。

難しさゆえ、現在は玉三郎さんしか演じきれないお役ですが、今回、後継の育成ということで、梅枝と児太郎がその大役を受け持つことになり。

玉三郎さん自身が阿古屋を演じる日程はAプロ。

梅枝または児太郎が阿古屋担当の日はBプロと日程が組まれていました。

 

私が行った日は、梅枝が阿古屋を演じていましたが、きちんと教えを引き継いだと思えました、うまかった。

もう〜拍手喝さいでした!

 

だけでなく・・・私が最も感動したのは、その間の玉三郎さんのお役「岩永左衛門」の面白さです!

梅枝や児太郎が「阿古屋」を演じる間、玉三郎さんは同じ時間帯に同じ舞台上で、じぃーと居座る岩永左衛門役に、徹していらっしゃるのです。

岩永左衛門は赤い顔をしたいじわるじじぃの役

玉三郎流に、人形浄瑠璃を工夫したさすがな演出となっていました。

(似た絵を拝借)こんな感じです。

 

「岩永左衛門」面白いったら!名演技!!

玉三郎さん、笑わせる演技は、ほーーーーんとすごいんです、絶品です。

もう、ただただ、感動に尽きました。

 

素晴らしいです!!

 

見る価値大です♡

 

歌舞伎の魅力、知るほどに奥深さがあることに嬉しくなるし、まだまだ理解しきれていないことを実感しています。

私の拙い言葉力ではその魅力は言い尽くせないですが♪

こうしてどっぷり浸れる至福の時間に、ひたすら感謝♡

 

来月講演も、チケットはバッチリ確保済み♪

 

 

| chizuru | 19:58 | - | - | - | - |
3連休 満月スタート

3連休初日。冬将軍寒気降りて積雪になった地域もあるらしいですが、太平洋側は青空好天に恵まれ散歩日和!

日暮れたら、今日は満月なのですねぇ。

 

月明りに癒されます♪

 

ゆっくり月を眺めて時間気にせず読書できる夜の貴さよ♪ 芯からゆるみます。

犬さんたち、ガニ股ママ( ;∀;)の膝枕を、争奪戦。今日はたっぷりこんな時間も♪いとうれし♡

 

 

本日昼間は、ずっと行きたいと思っていた展示に、行けました♪

三井記念美術館(日本橋)、落ち着いた佇まい・雰囲気がすごく好きです。

駅からすぐなのもいい!

副題についた「仏師がアーティストになる瞬間」のセンスがいいね!!て思いましたよー。

展示を見るとなるほど!まさに!の魅力ある構成。

私はあくまで像の繊細・緻密・ビジュアルと匠にわぁ!とトキメイた程度ですが、これが時代背景を一緒に併せて観れたならば、面白さは数倍増だろうなぁと。

若いころに歴史・宗教もっとちゃんと勉強していればなぁと、、あらためて不勉強を悔いました。

やっぱりこれからでもよいからもっとちゃんと勉強したい!と、あらためて思わせてもらえた、アートなひとときでした♪

 

 

| chizuru | 19:05 | - | - | - | - |
十八世中村勘三郎七回忌追善〜十月大歌舞伎〜

今月も行ってきました、歌舞伎座 夜の部。

 

玉三郎さん出演もさることながら、十八世中村勘三郎さんの7回忌追善公演!ということで。

行かねば!!

 

勘三郎さん7回忌・・・月日の流れを感じます。

お元気で全盛期の勘三郎さんの芝居は、ほんとにたくさん見させていただきました。

平成中村座にも。

伝統を重んじ、なおかつ新しい挑戦を次々に発信されるセンス/情熱に、当時は敬服でした。

 

勘三郎さんを偲んでの十月大歌舞伎は、「これぞ歌舞伎!」の醍醐味感じる、粋で華やかな作品揃いです。

 

夜の部の演目は

・宮島のだんまり

・義経千本桜 吉野山

・助六曲輪初桜(助六は仁左衛門!!!です!)

わかりやすく、華やかさに見とれます。そしてスカっと心地よい3演目!

 

まずは玉三郎さんの国宝級のたたずまいに、心わし掴みされたのは言うまでもなくですが。

 

勘九郎さんの狐(吉野山)に、わっスゴイ!と感動!

勘九郎さんは、助六の白酒売り新兵衛でも大いに笑わせ、名演!!

それから、

七之助さんの揚巻(助六)も、玉三郎さんと見間違えるほどの艶やかさ!に、うれしくなりウルっときました。

 

何より、↑ご子息お二人を見守る勘三郎さんが、天国から今歌舞伎座に降りているなーて、不思議な気配がありましたよ。

 

演目「助六」では、ある場面において、その時々に因んだ話題を用いて役者が素の想いを述べて盛り上げるというヒトコマが設けられています。

今回は、彌十郎さんが天国の勘三郎さんに向かってセリフを述べました。

その言葉に・・・歌舞伎観客のほぼ全員が(私ももちろん)すすり泣き止まらずになっていました。

と同時に、私は、勘三郎さん今ここにいるなぁと、感じられました。

 

時空間を超えたような、神秘な素敵な時間でした!

 

***

おまけ

今回は、花道近くのお席とれず、、期間中行けそうな日の1階席空席なし。

2階席でがまんです。

2階は1等席でも花道全部は見えない席があります。満たされなさこの上なし( ;∀;)ですが、

しかし!

今回、すぐそばの席に、あっ、あの人は!!

ちょっと前に女性スキャンダルで世間をかなり賑わした有名人Oさんが(笑)。

すっごい美人さんを連れていらしてました。ので、そちらもチラチラ見できたという、おまけつきでした(笑)

 

| chizuru | 17:54 | - | - | - | - |
フジコ・ヘミングの時間

昨日、観てきました。

 

行きたい行きたいと思いつつ時間が過ぎていましたが、ギリギリ観れてよかった!

 

波乱の人生。あの情熱的で優しくて悲しい音色のルーツを辿れました。

 

孤独に強い人に惹かれますが。。。

エンディング最後の一言に、フジコさんの全てが語られているなぁと。

 

 

公式サイト

http://fuzjko-movie.com/

 

6月公開でしたから、ロングラン!

しかしいよいよ、9/14日までです。

 

| chizuru | 17:54 | - | - | - | - |
玉三郎さま 新作歌舞伎舞踊♪

九月大歌舞伎 初日夜の部に 玉三郎さま〜行ってきました♪

ふふふ♪初日です♪新作ですって!わくわくも最高潮。

鼓童とのコラボ、美しさと迫力、圧倒されました!

今回は歌舞伎座サイトにこんな紹介動画もありました。

 

 

俊寛は沁みます。

松寿操り三番叟は楽しい。

 

至福のひととき♡過ごしました。

 

 

昼も夜もそそられる演目目白押しの9月です

 

昼の部「金閣寺」では、長いこと療養されていた福助さんが復帰!

そのお祝いにみえたのかな〜。芸子さん舞子さんのご一行が昼の部を観劇されていたようです♪

素敵〜

 

 

 

 

***

そして

「鼓童」かっこいいわぁ〜

https://www.kodo.or.jp/

 

 

| chizuru | 14:38 | - | - | - | - |
藤田嗣治展 よかったです!

今日から9月。芸術の秋スイッチも入りました(笑)

 

東京都美術館で開催中の「没後50年 藤田嗣治展」に行ってきました。

約120点越えの展示は、見応えありましたよー。

 

展示構成は

1 原風景-家族と風景

2 はじまりのパリ-第1次世界大戦をはさんで

3 1920年代の自画像と肖像-「時代」をまとうひとつの姿

4 「乳白色の裸婦」の時代

5 1930年代・旅する画家-北米・中南米・アジア

6-1 「歴史」に直面する-二度の「大戦」との遭遇

6-2 「歴史」に直面する-作戦記録画へ

7 戦後の20年-東京・ニューヨーク・パリ

8 カトリックへの道行き

 

とてもわかりやすく見やすい展示構成で、一点一点丁寧に、じっくりと鑑賞に浸れました。

 

独特な乳白色の女性画の美しさは今さら言うまでもなくですが、

強烈な戦争画に、胸打たれました。すごい時代を生きた方なのだなぁと。。。

それから、

とても静かな花の絵も印象に。(特にアネモネの絵に惹かれました)

 

「没後50年 藤田嗣治展」

https://www.tobikan.jp/exhibition/2018_foujita.html

しばし、タイムトリップ。

| chizuru | 18:21 | - | - | - | - |

Profile


色とりどり


**花の絵作品集**

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM