Page: 1/77   >>
時間が経たない

朝から犬さんたちの視線が刺さって痛い。。。えらいこっちゃ(笑)

 

2頭が、迫ってくる。

 

というのも、本日健康診断のため。

朝食ぬきで時間を過ごしています。

 

ピーちゃんの健康診断だけれど、カールくんだけにご飯あげるのも酷なのでご一緒していただき。

 

私だけ食べるというのも、とてもじゃないが、できない空気、、、ブラックコーヒーでごまかしている。

ふぅ〜お腹すいたぜ。

 

こういう時って、ほんとに時間が経たない(笑)

熱視線をかわすため、犬さんたちに背中向けて、パソコンしてごまかしている今です。。。

 

健康診断では、血液検査・多分心臓レントゲン(または心電図)・検便・などなど・・・&フィラリア2頭分。

諭吉さん5枚で足りるか?。。。あぁぁぁ(涙)

| chizuru | 09:20 | - | - | - | - |
今頃ですが・・・炊飯器の技に、感激した!

夜のヒトコマ。ご飯もおやつも終わましたピーちゃん。

今日はおやつもたっぷりで大満足のご様子で、たちまちの寝顔。

 

何よりの気持ゆるむ光景♪

「姉さん寝ちゃったよぉ」て、そおーっとしているカールくん。

ふふ♪

 

さて。

犬さん達はこんなかんじでくつろいでいる中、

私は台所で感動の雄叫びを上げて(笑)いました。

 

初のこころみ。

簡単美味しい♪炊飯器でミネストローネを作ろう〜というワンポイント広告が新聞に出ていたのを目にして、

(今日は夕方に仕事があったので)仕事前に有り合わせの野菜刻んで、残っていたベーコンちょっとと水&ブイヨンと塩ぱっぱ、

そしてホールトマトをトポンと炊飯器に放り込み、スイッチメニュを早炊きにして、オン。

仕事に出かけました。出来栄えはさほど期待せず帰宅。

そして、ビックリ〜!!

 

ビックリ!!! ビックリ!!!

なーんて美味しくできるのでしょう!!

玉ねぎもトロットロですよ、これは革命だ♪これはすごい♪と、感動しきり。

 

クックパッドをググってみたら、なんとレシピ多彩なこと!

ほほぉ〜〜〜。

 

て、今頃何を驚いてるの?てことでしょうか(笑)

 

しばらくは炊飯器でスープ作りにはまりそうです〜。

| chizuru | 21:34 | - | - | - | - |
今日は犬さんたちとゆったり

いいお天気でした!

 

今日は、のんびりたっぷり犬さんたちと過ごせました♪

 

とっても可愛らしいクリスマスエプロンを先日いただいたのです。

ありがとう〜♡

 

今日は晴れやかに、着けてお散歩行きましたん♪

交番のおまわりさんにも、「おーー!クリスマスだね〜かわいいね〜」と、たくさんなでなでしてもらったよね〜。

 

ふふふ♪似合うでしょ。嬉しいね〜。

 

お散歩行った後は、屋上でひととき。

膝の痛いのも改善したので、久々屋上に。えっちらとカールくん抱っこして運び(笑)ました。

 

ぽかぽか陽気の中、気持ちよくひなたぼっこ。

 

のんびり〜な時間を過ごせてたので、昨日の爆疲れが(笑)、とれました!

| chizuru | 22:07 | - | - | - | - |
1万7千〜2万歩にて、肉を欲しました。

あくまで私の基準ですが・・・えらいたっぷり動いた1日でした。

 

基本的には「肉女子」ではなく、たまに美味しいお肉をちょっと食べたら幸せよ〜という程度の普段ですが、

今日はあまりの肉体疲労して、心底。魂が。「あぁ〜お肉ガッツリ食べたい」と呻くのを感じました。

 

全ての予定を終えて、ヘトヘト帰路につく途中で肉〜肉〜と発作おき(笑)

途中のスーパーでカルビ肉をたんまり買い込み。

食べて食べて、ふぅ〜〜〜〜。ようやく気が済んだところです。

 

足を使う(歩く)と、ヒトは肉が食べたくなるのか?

 

健康情報的には「一日一万歩」が良い!と言われています。

が、肉体疲労感じる歩数の「標準値」って、私の世代では果たしてどの程度なの?

あらためて、ちょっと考えたテーマ「歩数」という観点でした。

 

私はデブだけれど筋肉はなしです。

ゆえに体力もなくて&根性もないので、すぐ疲れてしまう系。

移動手段もタクシー頼ってしまう率が極めて高いです。

本屋行くにもタクシー。スポーツクラブに行くにでさえちょいちょいタクシーを使っているので、周囲から呆れられていますが、

仕方ない。そういう体質なのです。

 

本日、スマホ歩数計は1万7千歩強。不携帯の時間帯もけっこうあったので、トータル2万歩越えは歩いているかな。

私的にはその位歩くと肉をむさぼりたくなるのだと・・・自覚できました。

 

が、お粗末で笑えるレベルなのでしょうと思います〜多分。

活発な方だったら2万歩は朝飯前程度なのだろう。。。

 

私の値が平均値からどの程度であるのかが・・・興味深い。

 

 

****

で、くつろぎタイムの映像です。

 

朝の犬さんたちをパチリ。

眠気と闘いながら意を決して起きた早起きしたのですが、その時の犬さん達のスルーな様子

 

| chizuru | 22:24 | - | - | - | - |
日本獣医生命科学大学の総合文化講座 4回目 2016.11.25

「人の「ココロ」と「カラダ」をサポートするイヌたち」を総合テーマに掲げた、総合文化講座の第4回目。

 

演題は「視覚障害者をサポートする盲導犬について」

講師は、公益財団法人日本盲導犬協会 理事の吉川 明氏でした。

 

盲導犬を育成する協会は、全国で11団体・14訓練センターがあります。

その中で「日本盲導犬協会」は、最も大きな団体です。

テレビでACのコマーシャル放送しているのも日本盲導犬協会、よく見かける募金箱も日本盲導犬協会の物が多いです。

最もメジャーな協会といえます。

 

盲導犬を育成するという大目的は各団体共通であっても、訓練の仕方や理念(+他にも)は団体ごとに少しずつ違いがあります。

そんな事も含めて大変興味深く、かぶりつきで聴講した1時間半でした。

ほぉぉ、へぇぇ、ふむふむ。。。メモぎっしり。。を、まとめきれないので。

 

パワーポイント資料の見出しのみを以下に列挙 (「←以降は、私の一言コメントです)

 

・盲導犬の歴史←日本製盲導犬第1号は、塩屋賢一氏のチャンピィであると紹介がありました。(協会名は出ず)

・補助犬の実働頭数の推移←実働頭数が減っているのは、ユーザーさんの高齢化が影響大(代替数が減っているから)

・日本の盲導犬育成施設

・盲導犬の育成頭数の推移←協会別の新規・代替頭数と引退頭数を表示て

・盲導犬の一生←日本盲導犬協会は必ず10歳で引退。協会によって方針が違うなー。

・盲導犬の訓練←段差手前5センチで確実にとまれるよう教育

・調教→訓練→教育←叱ってしつける"調教"から一切"ノー"のない教育へ チョークもなし。ノー!もないのだと(正直驚いた)

・盲導犬との歩行訓練←盲導犬訓練士(犬の訓練)と、盲導犬歩行訓練指導員(ユーザーさんとの共同訓練)

・日本盲導犬協会の使命と活動方針

・盲導犬育成のポリシー←犬を含め誰の犠牲の上にもたたない盲導犬育成技術(チョークなし)。安定的正確なスキル。犬の健康。

・盲導犬育成7工程

・盲導犬育成工程と品質向上

・盲導犬と介助犬・聴導犬の比較

・The Twenty Losses of Blindness 「中途失明による20の喪失」

・視覚障害の苦しみ

・盲導犬と「歩くこと」「移動」の意味

・盲導犬が視覚障害者の心を支える機能←ユーザーさんの心境として1頭目の愛着が強く2頭目に踏み出せないケースが多いのだと。

 

以上に関してのお話しでした。

****

後半はユーザーさんの心境に触れたデリケートな内容で、とても勉強になり理解深まったこと多かったです。(なので一言コメントでは書ききれず、コメント割愛)

 

基本的な犬の指導に関してのお話しの中では、

例えば・・・犬が横についた時に、わずかにでも角度が左右に向いていたら、ユーザーさんの歩行には大きな影響が出ることなどをわかりやすく解説していただき。聴講生からの質問もたくさん出ていました。

ユーザーの横に平行に前を向いて付く、段差の前5センチで確実に止まれることなどを、何時でもどんな時でも安定的に100%正確にしなければならない重要性とその指導力の必要性を強調されていましたことに、あらためて、ふむふむでした。

 

全4回、とても勉強になりました!

 

来年度も前期・後期と、講座が開催されるそうです。引き続きチェックしていきたいと思います。

| chizuru | 13:02 | - | - | - | - |
カサカサ落ち葉とカール

銀杏の落ち葉が、歩道を埋めていました。

カサカサするね。落ち葉の風情に浸る、カールくん。

 

ここ数日は、2頭を別々にお散歩しています。

ちょっと思うところあり。。。

カールくん、超短いリードでも完璧ヒールウォークができるかな〜を、特訓中なのです(笑)

 

***

朝の天気予報で「今日は空気乾燥の"カラカラ"お天気です」の声を聞くと、

いてもたってもいられない衝動に駆られる(笑)のが、、、犬のシャンプーしなくちゃ!

で。

本日ターゲットは、カールくん。朝からシャンプーしました。

そろそろ爪切りも肛門腺絞りもしなくちゃぁね。

と、

ご贔屓ペットショップの嘱託獣医さんの元へ連れていきました。

(ピーちゃんは先月行ったので、カールくんを)

 

この獣医さん、カールの事をパピーの時代から特別かわいがってくださっていて、

アイメイトにならず我が家に戻ってきた運命にも「そうだろ、カールは家庭犬なのさ!」と再会に大喜びしてくださったり(笑)でした。

カールも、それはそれは先生のことが大〜好き。

「爪切りに行くよー」と声かければ、毎度ウハウハの大喜び(お店に到着まで)で、(切られる行為には抵抗しますね)

爪切り最中も、先生の顔をベロベロ舐めたりタックルしたり埋もれたりと、もう全身で大好きを伝えていたほど。

 

が。

残念なことに、今月いっぱいで先生は担当を外れ辞められると・・・。

 

その事をカールくんに伝えたら、爪を切り終えて店を出ても、再び店に戻ろうとして引っ張るのです、私に何か訴えるようなまなざしを向けて。。

事情が、ちゃーんとわかるんだね。伝わってきました。

 

***

親ばかに尽きるけれど。

カールの、ふと垣間見える人間ぽさは・・・半端なくものすごく人間ぽくて。何か特別な気がします。

そんな一面は大事にして、見逃さないように見守ってあげたいなぁと。ずっとそのままでいてほしい、大切な部分です。

| chizuru | 22:42 | - | - | - | - |
日本獣医生命科学大学の総合文化講座 2回目 3回目

総合テーマ『人の「ココロ」と「カラダ」をサポートするイヌたち』と題して、全4回開催の市民向け講座。

 

第1回は、「私たちのために働くイヌ達」という演題で、

犬がヒトと暮らすようになった歴史のわかりやすい解説から始まり、現在存在する人のために働くイヌたち○○犬たちのタイプを、写真とともに紹介する講義でした。

http://blog4748.chizuchizu.ciao.jp/?search=%C6%FC%CB%DC%BD%C3%B0%E5%C0%B8%CC%BF%B2%CA%B3%D8%C2%E7%B3%D8%A4%CE%C1%ED%B9%E7%CA%B8%B2%BD%B9%D6%BA%C2

 

そして、

 

第2回は、10月21日に(時間経ってしまいましたが、、、)

演題は「日本初、少年院で保護犬を育てる動物介在プログラムとその可能性」

非常に興味深いお話しでした。

 

刑務所で盲導犬を育てるという試みは、日本でもわずかに実施されていて、時々ニュースもなります。

が、それだけでなく、少年院に入院している少年たちに保護犬のしつけと訓練を担当してもらい家庭犬として新しい家族の元に送り出すという"動物介在矯正教育プログラム"の取り組みも、(アメリカでは多く取り入れられて、効果に関しても何冊か本を読んだこともあるのですが)、

へぇぇ日本でも。。。いろいろ展開しているのだなぁと知ることができました。

公益財団法人ヒューマニン財団が展開しています。

http://humanin.or.jp/

 

犬は人を癒す力があります。が、それだけでなく、犬は人を成長させる力がある・・・という実践例に熱くなりました。

レジュメより引用します

"このプログラムは、犬が良き家庭犬として成長するだけでなく、参加する少年が保護犬と接し、訓練を通じて、自他の命の尊さを見つめ直し、犬との信頼関係を築く上で大切な忍耐力や責任感を養い、ひいては自尊心、自己肯定感を育むことを目的としています。つまり、犬を訓練することは、その少年が社会に出ていくために必要な教育につながっているのです"

 

保護された犬にとってもヒトにとっても相互に良い効果の期待できる活動。

大いに関心もち注目していきたいです。

 

******

第3回は、11月18日

演題は「人の「やる気」を引き出す動物たち 教育やリハビリにおける動物たちの役割」

 

初めて聞いた「バイオフィリアの仮設」という言葉。

 

おおざっばな解釈だと、ヒトが種として生き延びるために持って生まれた本能で、自分の周りの生き物に対して注意が向くことをさすのだと。

例えば、蛇が怖い〜とか、動物園に行くのが楽しい〜とか、犬や猫がかわいくて撫でたい・抱きたいというような、日常にありふれる生き物に対しての関心や気持等々(それがささいな関心であっても)すべては、原始から居残り持続けている人が種として生き伸びるための指令(-ヒトの生活スタイルは急速に変化し続ける中でも-)の名残りであると。

な〜るほどの納得感。

動物介在活動は、そのバイオフィリアなんちゃらの動物に対する生まれ持つ注意関心を、とても良い形に生かした活動といえる。

 

教育の現場に動物を取り入れたり、病院など治療の中に動物を介在させることで、勉強やリハビリのヤル気や成果の向上につながっていく取り組み、具体例などを聞き、有意義さ知ることができた内容でした。

 

****

第4回、最終回は明日。

テーマは盲導犬。これまた興味深々!

| chizuru | 12:06 | - | - | - | - |
初雪

都内では54年ぶりの11月の雪だとか。

あぁビックリ。

 

紅葉フィーバーもたけなわだというのにねぇ。

(近所の六義園は昨日は行列できていました)

 

窓の外、見える雪はしっかりと写真にも写るほど大降り

 

飼い主に似て超寒がりの犬さんたち。

雪舞う空に、散歩に行く気は微塵もない様子。ありがたいです。

 

先日いただいたポインセチアが、とてもステキ♪

(いつもありがとう〜)

 

部屋をほんわかあたたかな気で満たしてくれています。

 

今日は冬ごもりの気分。

 

お疲れたまり気味だったので、こういうお天気が不思議と安らぎます。

明日に延ばせることは今日やらなくてもいいさ〜、のんびりやろーっと。

 

| chizuru | 09:53 | - | - | - | - |
フェイス

 

すごいワンちゃんです!

出会う人みんなを元気にしてくれる。

 

 

会いたい!

 

| chizuru | 20:55 | - | - | - | - |
小春日和

いいお天気でした!

青空に、穏やかな陽射し。歩いているだけで、幸福感♪

人のいない静けさに包まれた公園にて。

 

 

ささやかな紅葉狩り楽しんだひとときなり〜。

 

****

一方、

この公園からちょっと表通りに出れば、「六義園」があります。

観光地化秋バージョン、シーズンに入り、

観光バスも止まるようになり始めていて、界隈は賑わっています。

 

今週土曜日からは、ライトアップも始まるらしいです〜。

https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/031/detail/36187.html

 

明日も紅葉日和になりそうですね。

| chizuru | 21:26 | - | - | - | - |

Profile


アガパンサス


**花の絵作品集**

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM